So-net無料ブログ作成

大根の葉っぱ [お友だち]

大根の葉は、栄養価が高くて素晴らしい食品ですが、
最近は、お店に並ぶ大根に葉っぱがありません。

出荷後しおれてしまうので、見た目を気にしてのことなのか、
もったいないことこの上ありません。

だってね、大根の葉は、
ビタミンA、Cが豊富で食物繊維が多いので、お腹のなかを綺麗にしてくれます。
緑黄色野菜なみに栄養豊富で抗酸化物質のβ-カロテンやカルシウムや鉄分も多いのです。
だから、 胃腸を整えて便秘解消してくれるし、冷えも解消するし、
余分なものを排出してデトックス・・・肌も綺麗になりますよ!

茗荷をおねだりしたのに、大根菜をたーっぷり入れてくれたmutuminさんは素敵♪
届いた時はさすがにくたっとしていたので、お湯につけてシャキッ!
(50度程度のお湯につけると野菜がシャキッとするのです♪)


さて、せっかく届いたばかりの大根菜、おかずにも使わせてもらいました。

ザクザク切って、まずごま油で炒めておいて、
IMG_2423.jpg
鶏肉を入れた煮物を作り、このままじゃ美味しそうではないのですが、
IMG_2424.jpg
炒めておいた大根菜を後から投入しました。
IMG_2426.jpg
色が鮮やかで、ぐっと美味しそうになりましたね。

もちろん、先の細い部分も輪切りにしてお味噌汁に使いました。
IMG_2422.jpg


で、次は常備菜ですが、
β-カロテンは油と相性がいいのと、色が鮮やかなままになるので炒めて保存です。
それを冷凍しておけば、お味噌汁やうどん、そばに入れたり、
煮物やお浸し、和え物にも使えますから♪

細かく切ってごま油炒めにしましたが、こんなにいっぱいあったのに、
IMG_2428.jpg
炒めたら30%ほどになってしまいました。
IMG_2429.jpg
美味しさや栄養が凝縮したということで♪
こうして保存容器に入れておくと、炒めてあるのでけっこう持ちます。
IMG_2431.jpg

重宝に使わせていただきます。


そんなわけで、うちの食卓が豊かになっております。
しばらくリッチ(死語)です♪
nice!(4)  コメント(3) 

茗荷と大根菜 [お友だち]

ブログでおねだりしたら、mutuminさんが茗荷を送ってくださいました。

何も知らず、前の写真なのに現在の状況かと思いねだったのですが、
もうだいぶ盛りは過ぎていて、無理に探してくださったようで、
たいへん恐縮しています。

特に夫氏にはご尽力いただき、多大なご迷惑をおかけして、
本当に申し訳ありませんでしたm(__)m


でもでもぉ、嬉しい!!!
IMG_2411.jpg
蓋を開けたら、たくさんの大根菜
IMG_2412.jpg
そして、それをどけたら茗荷がごっそり♪
(こっそりじゃありませんよ!(笑))
IMG_2413.jpg


さっそく、外側の皮を剥いて、冷凍にするのと甘酢漬けにするのと分けました。
IMG_2414.JPG
ピンクの蓋のカップは、親知らずさんにいただいたモノ♪
すぐに食べたいので、小ぶりのを小さな蓋つきカップに入れました。
右の袋は、冷凍室へ。
そして、保存用は大きなタッパーに入れて、
さっと湯通ししてから、たっぷり甘酢を注ぎ込みました。
<IMG_2417.jpg
1時間もしないうちに、ほら、鮮やかでしょう?
汁が綺麗に赤く染まりました。
IMG_2418.jpg


「茗荷を食べると物忘れする」と言われていますが、
それは発見された時のエピソードに由来するもので、成分的にはそんなことありません。

茗荷の成分はほとんど水ですが、余分な塩分を排出してくれるカリウムが含まれています。
カリウムは体内の水分調整をしてむくみをとったり、サラサラ血にしてくれるんですよ!
調べてみると他にも・・・、

頭がすっきりしたり、眠気が消えたり、食欲増進、消化促進、
貧血の改善したり、血圧を下げたり新陳代謝をあげたり、
口内炎や舌炎、風邪によるのどの痛みを緩和したり、
抗酸化作用で眼精疲労の改善、眼病予防、鎮静作用、鎮痛作用、解熱作用、解毒作用!
ね、優れものでしょう?

毎日食べます♪
mutuminさん、ありがとうございました。


ところで茗荷の名前の由来ですが・・・。
お釈迦様の弟子の1人が、物覚えが悪く苦労していました。
自分の名前すら忘れてしまうので、お釈迦様が名前を書いた札を首から下げてくれました。
でも、その札のことも忘れてしまうぐらいで、
とうとう死ぬまで、自分の名前すら覚えられなかったのです。
亡くなった彼のお墓に、見慣れないモノが生えてきたのを見て、
「あーこれは、名前を首から下げていた彼の墓に生えたのだから、
『名前を荷う』=『茗荷』だ」
と名付けられたということです。

自分の名前も忘れるって、どれだけ物忘れが激しかったのか?
私だって、自分の名前ぐらい・・・あれ?(笑)



明日は、大根の葉をどう使ったか記事にします。
美味しい茗荷や大根葉に加え、ネタも提供してもらえて幸せ♡
nice!(5)  コメント(3) 

桜の道で秋桜 [植物]

いつも、親知らずさんとうちの母子で桜を観に行く場所ですが、
今は桜は咲いていません。

代わりに秋桜・・・「あきざくら」と書いて「コスモス」ですが、
桜とコスモス、どちらも好きな花です。
9.27.JPG

まだ少し盛りには早く、ちょっとだけでしたが、
9.27 (2).JPG

音楽も癒されますが、お花も癒されますね~。

お疲れ気味の目に優しいお花の写真は良いなぁ!
nice!(4)  コメント(2) 

和楽器は最高(木村俊介さん) [コンサート]

今日は、会社を早退して木村俊介さんの演奏会に行きました。

4月にあった演奏会に行って、和楽器の音色に感服しましたので、
今回も娘と出かけました。
 → 4月の時の記事
 → オフィシャルサイトはこちら

「邂逅(かいこう)」と題して、イギリスのピアニストKit Downesさんと、
今回初めて会って、セッションするという、チャレンジ(笑)ライブでした。

それが素敵でした。

キットさんのピアノと、ゲストのギブソンさんの低いささやくような声がベストマッチ!
ギブソンさんの歌がセクシーで・・・♡
キットさんは、ピアノの弦やハンマーでも音楽を奏でていました。

もちろん、木村俊介さんの笛は圧巻!
高い音が澄んでいて美しく、低い音は落ち着きを感じさせて、
聞きほれていたのに、居眠りしかかるという・・・(笑)
絶対「f分の1α波」が出ていたのです。


すごかったのは、木村俊介さんの笛と三味線、キットさんのピアノと、
小野さんの三味線と太鼓、朴さんの韓国楽器のカヤグム、
途中から歌のギブソンさんが参加して、アドリブでジャムセッション!

そう、まるでジャズでした。

楽器屋さんのコンサートスペースなので、小さな会場でしたが、
箱が小さいとアットホームで、これはこれで身近に感じられ楽しかったです。

帰りはどしゃぶりに見舞われ、靴も膝から下もびしょびしょでしたが、
それを補って余りある良さでした。

行って良かった。
木村さん、他の出演者の皆さんありがとう♪♪♪
nice!(4)  コメント(3) 

メンテナンスに負けました

昨夜、コメント返しを書いて送信したとたんに、
「ただいまメンテナンス中のため・・・」

あーーーっ、久しぶりにメンテナンスにハマりました。

っていうか、メンテ久しぶり???

で、昨夜は何もできずにパソコンを閉じたので、
早く寝られましたとさ。

ま、ネタになったし良いか♪

DSC_0078.JPG
nice!(2)  コメント(2) 

月とすっぽん・・・じゃなくてドーナツ [お友だち]

今日は午前中から夫とお墓参りに行きました。

すんごく歩いたのですが、それはまた次の機会ということで(笑)

娘が親知らずさんとお目にかかりたいと言うので、
前日からコンタクトを取っていて、
お互いの娘の都合をすり合わせると、夕方の1時間しか会えないことが判明。

いつものミスドで、どうにか会談にこぎつけました♪
18.9.24ミスド.JPG
短い間ではありますが、たくさんお話が出来て良かったです。
ご無理を申し上げて、すみませんでした。
ありがとうございました。


ってことで、帰りがけに「今日はお月見だ。お月様はどこ???」
と、娘と2人で見回しましたが見つからず、お買い物をして帰りましたが、
帰り道で「あ、あった!」
確かにまん丸い大きなお月様でしたが、雲がかかっていました。


帰宅して2階から見ると、こんな感じでした。
IMG_2366.jpg
いつもながらお月様を撮るのは難しい。。。

こんなに煌々と光っていましたが、すぐに雲に隠れてしまいます。
IMG_2368.jpg

ずーっと見つめていて、雲から出てきたところをパチリ♪
IMG_2373.jpg

お月見団子と、お彼岸のおはぎもついでにパチリ[カメラ]
IMG_2387.JPG
IMG_2390.JPGIMG_2391.JPG
nice!(4)  コメント(3) 

律義な花 [植物]

他の花も、咲く時期があるのが当たり前ですが、
この彼岸花に関しては、本当にお彼岸の時期には咲いていますね。

桜なら、入学式に間に合わなかったりするとか、
紫陽花なら、梅雨の前に咲いてしまったりとか、
少しはズレるものですけど。。。

この花だけは、その名の通りお彼岸には咲いています。
IMG_2315.jpg

むしろ、彼岸花が咲いているのを見て、
「あ、明日からお彼岸だな」と思ったりします。

この花がなんとなく気味が悪い感じなのは、
茎だけがすーっと伸びて先に真っ赤な花が咲くのと、
このお彼岸に咲くということも影響しているのでしょうか?

あ、たまに真っ白い彼岸花も見かけるようになりましたけどね。

彼岸花は、葉っぱが無いのではなく、
花の時期には葉が出ていないだけなんです。

花が終わると、茎の根元からニラやスイセンみたいなまっすぐな葉が伸びます。
「花は葉を見ず、葉は花を見ず」と言われていて、花と葉はお互いを知りません。


それと、不吉と言われているこの花ですが、
花も茎も根も、全部にアルカロイド系の毒を持つこともそう言われる由縁なのでしょう。

この花のどこかを触った手から、口の中に毒が入ると、
嘔吐下痢を引き起こすそうですが、根なら600個以上食べない限り、
死んでしまうことはないようなのでご安心を!

ただ、お子さまやペットなどは、気を付けないといけませんね。


そう、この毒のおかげで、役に立つこともあるのです。

田んぼのあぜ道などによく植えられているのは、
侵入する虫や動物をよけるため。

その昔土葬だった時代は、お墓の周りに植えて、
モグラが侵入して遺体を荒らすのを防止したそうです。

どうでしょう?
モグラやネズミなら、球根一つで1500匹分の致死量ですって。
mutuminさんの畑の周りにも植えてみては?
今使っている侵入防止の機械が壊れてしまったら、いかがでしょうか?


お彼岸なのに、殺生の話になってしまいました。
口直しに、チドリソウの写真を♪
IMG_2320.jpg
IMG_2317.jpg
nice!(2)  コメント(4) 

世界選手権 [地域活動]

そりゃ、世界と聞いたら色めき立ちませんか?

インラインアルペンの世界大会が、うちのすぐ近所で開かれます。
IMG_2322.jpg

 → 公式HPはこちら

インラインアルペンって、何?と最初は思いました。
要するにローラースケートなのですが、普通のではなく、
一列にローラーが並んでいる、こんなスケート。
インライン.png

これでスキーの回転競技みたいに、旗の間をジグザグに滑る競技です。
やはり、大回転と回転があるみたいです。

実は私もこういう競技があるとは知らなかったのですが、
地域に、世界チャンピオンになった選手がいらっしゃいまして、
彼が今回の会場を選定、申請したとのことです。

スキーの回転競技もそうですが、平らな競技場などではできなくて、
山の斜面を利用したりするのですが、
今回は、町中の坂道を利用するのです。

傾斜度、長さ等の条件をクリアして、公式会場になったのですから、
尚更、近くに住む私たちは応援しなくちゃ♪

ってことで、スポーツ好きの方、お近くの方、
ご興味のある方はぜひおいでください。
nice!(5)  コメント(3) 

通りがかりに観た花 [植物]

夫と散歩していると、お花にはまったく興味が無いらしく、
「あ、ピンクの百日紅(さるすべり)綺麗だね」とか、
「ルリマツリが咲きはじめたね」
と言っても「ふぅん」と、ろくに見ずに通り過ぎてしまいます。

つまらないです。

ま、私が写真を撮っていると、大人しく待っていてくれますが(笑)


で、そういう時に急いで撮影した一枚は、なんとも不思議な葉っぱの花です。
花はまぁ普通に小さな可愛い花なのですが、
葉っぱが、色も形も変でしょう?
オキザリス・トリアングラリスです。
オキザリス・トリアングラリス.JPG
異様な紫色で三角で、三枚くっついている変な葉っぱ。。。


これはもう、最近では「美味しそう!」としか思えなくなったニラの花(笑)
ニラ.JPG
こんなに小さくて可憐な花が集まっているのに、
mutuminさんに天ぷらにすることを教わったので、
見ると「天ぷら~♪」と思ってしまいます(笑)


花オクラも同じです。
ハナオクラ(トロロアオイ.jpg
(ネットで探してきた画像です)
芙蓉の仲間で、配色の美しい品のある花ですが、別名トロロアオイ
「あー茹でてねばねばをポン酢で食べると美味しいんだよねぇ」と
思わず言っちゃう・・・ロマンティックではないですねぇ(笑)
nice!(3)  コメント(2) 

秋の交通安全運動ですよ~! [地域活動]

秋の交通安全運動が始まりまります。

9月21日から9月30日までです。

交通事故など、誰も起こすつもりで起こしませんが、
現にたくさんの方々がケガをしたり死に至ったりしています。

うちの夫だって、用心深いはずだったのに去年の10月に事故に遭いました。

あれからもうすぐ1年です。。。

幸い、今ではほぼ普通の生活をしていますが、
あの時はどうなることかと思いました。


被害者も嫌ですが、加害者も嫌です。

知り合いが死亡事故を起こしてしまい、つらい日々を送っているそうです。
もう2年ぐらい経っているのですけど。

良し悪しは別として、憎んだり恨んだりして人を殺す人は居ますが、
交通事故の場合は、そんなつもりが無くて知らない人を死なせてしまうのです。

被害者の遺族や周りの人は、もちろんお気の毒ですが、
加害者になってしまった人も、どんな気持ちかと思うと胸が痛いです。


そんなワケで、秋の交通安全運動の最終日9月30日は、
「交通事故死ゼロを目指す日」とされています。
事故ゼロを目指す日.jpg

皆さんも、街頭にお巡りさんやら交通安全協会の方々が目を光らせますので、
いつも以上に気を付けて運転したり、歩いたりしましょうね。

そして私も、半日街頭で見守りのお当番をして、
午後には「交通安全大会」のお手伝いをします。

高齢者事故防止.jpg
nice!(5)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。