So-net無料ブログ作成

今日のキーさん10/30 [家族]

夫は、リハビリが始まり、酸素ボンベのスタンドにつかまって、
けっこう長く歩いたと言っていました。

最初は膝に力が入らなかったみたいですが、
もちろん、リハビリ担当医の介助付きで、
だんだん立って歩けるようになったということです。

食事はきちんと摂れているので、
これからもっと歩けば、退院も近いですね。



事故後の夫と、初めて会った時、
顔に傷が無かったのでホッとしました。

顔に傷や腫れがあるということは、
前頭部を打っていたということですから、
脳にもっと激しく損傷を受けたり、
メガネが割れて目を傷つけていたりする可能性があったということです。

でも、後頭部を打っていたものの、顔はきれいだったので、
《いやそのぉ、端正な顔立ち・・・とかではなく(笑)》
安心したというワケです。

お友だちがお休みの日にはお見舞いに来てくださるでしょうが、
その時も、顔に傷や腫れがあったら、皆さんショックでしょうし、
みすぼらしいと思います。

その点も良かったと思います。


今日は夫ではなく、私が足を傷めてたいへんでした。
朝、出勤途中に駅を目前にして左足がギクっと。。。
そこから駅が遠い遠い~!

電車を降りたら、会社までの道のりが遠い遠い~!
あーもぉ悲劇っ!
今日は株主総会でしたので、その後の取締役会までこなし、
午後から早退させてもらって整形外科に行きました。
骨には異常がないということで、また半月板や筋を傷めたのでしょう。

2月には右足をやってしまいましたが、今度は左足!?

なんか、私か夫が厄年でしたっけ?
思えば私が右足を傷めたのは、節分を過ぎてすぐでした。
つまりは、年が変わってからこっちの話です。


冗談まじりに「お祓いしてもらった方がいいかなぁ」と言ったら、
本気で「してもらいなよ」と言われて、少々驚いたまほでした。
nice!(3)  コメント(2) 

今日のキーさん10/29 [家族]

命に別状がなかったから言えることがありまして・・・。


事故があった日、家に帰って病院から受け取った服を見ました。

上着は右を中心にあちこちたくさん裂けていて、ワイシャツや下着は切れていました。
治療や検査のために、ボタンを外していたらその分時間がかかるので、
救急の場合は、衣服を切ってしまうのです。

血がにじんで、擦り切れて、もちろん本人が再び着るのは不可能なのですが、
ズタズタに切られた衣服を見た時は、やはりショッキングでした。


さて、二階の寝室に行くと、夫が着替えた跡がそのまま残っています。

前の週に、おできを切り取ってもらって、あの日は抜糸だったのです。
結果的に、そのあと事故で入院したので、病院をハシゴした形です。。。

見ると、Yシャツの空き袋や、取ったタグがベッドの上にありました。
「あっ!」
新しいYシャツを着て行ったのか!!!

イオンで買った安物ですが、新品が半日で捨てられる羽目に陥ったのです。

主婦としてはちょっとショックでした(笑)

冒頭にも書きましたが、こんなことどうでも良いし、
もし万が一のことがあったら、愚痴れることではありません。

元気になる見通しがたったから、残念に感じるのです。
ま、幸せなことです。


さて、今日のキーさんは昨日と同じ。
よく食べて、目もちゃんと見えていますし、頭もだいじょうぶ。

ただ、後頭部を打ち付けたので、内出血が耳のわきまで下りてきています。
私は怖くて触れませんが、本人がまだ頭の後ろがブヨブヨだと言っていました。

尾籠な話で恐縮ですが、今日は便通もあったそうです。
寝たきりですし、最初の1日は何も食べられなかったので、
そうたくさんは出ないと思っていましたが、
まるっきりで本人も苦しかったのでしょう。

昨日、看護師さんに訴えて、下剤を飲んだらしいです。
今日はめでたく・・・♪(笑)
nice!(3)  コメント(2) 

今日のキーさん10/28 [家族]

肋骨10本骨折は、どれだけ痛いかと言いますと、
お医者さんが「麻薬も使っていますが、今の量ですと中毒性はだいじょうぶ」

麻薬なんて怖いですが、モルヒネって強烈な痛みを止めるお薬ですものね。
クスリとリスクは裏腹と言われています。
ホントに裏表でしょう?(笑)


ま、それはともかく、今度移った一般病棟は10階・・・高いです。

「雨降ってるのか?」と言われて、うっかり窓に寄ったら目がくらみました(笑)

期間限定サウスポーはまだ続いています。

でも、今日行ったら、ベッドの枠につかまってうまく体の移動をしていました。

前出の痛み止めをしているせいもありますが、
コツをつかんだのかも知れません。

自宅に届いた郵便物を見ていて、提示された企画が気に入ったらしく、
俄然やる気になっています。

連絡したい人の住所を書き出して持ってきてくれとか、
文案を考えて、それをメールで送ってやってくれとか、
〇〇に1か月後くらいなら会えると言ってくれとか、
そういう夫の要望をいろいろメモにして持ち帰り、
実行するのに、私も慣れてきました♪


食事は、おかずは少しずつですが種類が多く美味しそうで、
うちの食事よりも良いかも知れません。
良いでしょうね、カロリー計算しっかりしてくれてるし。。。(笑)


知り合いや親類にも、一般病棟に移ったことを伝えました。

来週からお見舞いの方々もいらっしゃることでしょう。

夫は、ますます元気になるでしょう♪
nice!(3)  コメント(2) 

今日のキーさん10/27 [家族]

夫は期間限定サウスポーです。
右の肋骨のせいで、痛くて力が入れられず、
右手を使えないのです。。。

でも、ご飯はがんばって食べてます。

糖尿病の治療をしていて、普段から薬を服用していたのですが、
入院してから何故か血糖値が上がっています。

点滴?ケガのせい?分かりません。


昨日、事故の相手の人が釈放されたということで、
会社の上役と二人で、夫に挨拶にみえました。

ずっしり思い菓子折りを差し出して深々と頭を下げた人は、
真面目そうな感じで、この人が信号無視で???と思いました。

夫は「気を付けてくださいね。死んでしまうところだったんですよ」
「はい、申し訳ありませんでした」とまた深々と。

私は「皮肉や嫌味じゃありませんよ。私たちはお互いに、
この人が死ななくて、本当に良かったですね」
と言ってしまいました。

相手の人たちは、まともにうなずいていました。

でも、そうですよね。
死亡事故だったら、もっと罪は重かったはずですから。


自分宛ての郵便物をチェックし、明日はパソコンを持ってこいとのこと。
頭も口も、しっかり働いているようです♪
nice!(2)  コメント(2) 

今日のキーさん10/26 [家族]

夫の病院は、20時になると「今日の面会時間は終了です。静かにお帰りください」
と放送がありまして、帰らなければなりません。

夫を病室に残して「じゃ、また明日来るね」と帰るのは、
なんだかとても寂しいです。

完全看護ですから、居座るワケにもいきません。
しょうがないのですが。


で、今日行ったら、もう一般病棟に移っていました。
思った通り、順調な回復ぶりです♪

今日の部屋は、昨日の救急病棟の隅っこの部屋よりもずっと広くてきれいでした。

もっとも、ボロボロだった旧病院を移転新築したばかりで、
どこもここもきれいで気持ちが良いです。

昨日パスワードを聞いて帰って、開いたメールボックスにあった、
友人のメールや必要そうなのをプリントアウトして今日は持参しました。

全部読んで、こう言ってくれ、この関連でこっちにも連絡してくれと言われて帰り、
次の日は仕事をしつつそれをこなし、退勤後はまた病院へ行く生活です。

20時までの面会時間を終えて帰宅すると、21時近くなってしまいます。

お腹がすいて、夫の病室で合流して一緒に帰宅する娘と二人、
外食したり、作ってあるお惣菜を買って帰ってしまいます。

こんなことになる前は、
会社帰りにカーブスに寄ってから買い物をして帰っていたのですが、
何故かそれよりも疲れます。
お腹もすきます。

運動しない分、体力は使っていない計算なのですが、どうも違います。

気疲れなのかも知れません。


今日の夫は髪を洗ってもらって、ますます元気そうでした。
顔の色つやも良いし、頭も口もだいじょうぶです(笑)
でも、力を入れると胸がすごく痛いので起き上がれず、未だに歩くことはできません。
nice!(3)  コメント(0) 

今日のキーさん10/25 [家族]

仕事をしながら、夫のことで電話を受けたり電話をかけたり、
忙しい一日でした。


夫の友人に、言われるままに連絡しておりましたら、
思ったよりも反響(?)があり、
まーぼうさんが「『今日のキーさん』というブログ書く?」なんておっしゃるぐらい、
皆さん、状況を知りたがってくださっているようです(笑)

キーさんとは、夫のニックネームです。
その体形からムーミンパパと呼ばれていた時代もあるとか!


さて、事故後3日目になるワケですが、
今日は、相手方の会社の方がいらっしゃいました。

スーツをビシっと来た、上司と本社の人と、事故対応係の人。

いちおう救急病棟にご案内して、ドアの前で待っていただき、
部屋に行くと・・・違う人が居ました(笑)

病棟の看護師さんに聞くと、
救急病棟の中でも、少し落ち着いた人がいる部屋に移ったそうです。

救急病棟はいつでも駆け付けられるようになのか、ドアがありません。

カーテンだけで仕切っていますが、それは移動した先も同じで、
おまけに、今度は狭いです。

夫に相手の会社の方が来ていると、いただいた名刺を渡すと、
「挨拶ぐらいなら別に良いけど、ここは狭いしなぁ」
お隣のベッドに手が届きそうな狭さです。

それで、彼らのところに行って、その旨を伝え帰っていただきました。

ロビーで待ってもらって、その後救急病棟の前で待ってもらって、
挙句の果てに帰れなんて、申し訳なかったのですがしょうがありません。

というのは、夫は11月中旬に打ち合わせで金沢へ行く予定だったのです。
ところが行けそうもないので、その切符をキャンセルをしに駅に行きました。
その窓口がものすごく混んでいて、なかなか前の人たちが終わらないのです。

結果的に、お約束の時間が過ぎて20分も経ってから行くことになってしまいました。
おまけに、私が電話で1階のロビーで待っていてくださいと伝えたらしく、
本人は2階だと思い込んでいたので、探してもその人たちはいらっしゃらず。
・・・当たり前ですよね(T_T)

電話をして2階で合流してやっと救急病棟へ行けたというワケです。


夫は今日もお食事を完食し、昨日よりも顔色や顔つきが良かったです。

ロムっている皆さん、ご安心くださいませ(^^)/


一般病棟に移動する日も近い・・・?
でも、まだ肺から血を抜いている状態でした。
nice!(4)  コメント(0) 

続・アクシデント  [家族]

今日は早退して、お休みだった息子の車で所轄署に行きました。

交通課の事故係でお話をうかがってきたのです。

私は交通安全協会で、この署の交通課には顔なじみの人が何人かいますので、
警察署でビビることはありませんが、
でもなんともはや、不思議な雰囲気の場所で、
署員さんたちの間を通って椅子に案内されたときは、
周りをしげしげと見てしまいましたよ(笑)


さて、今どきは例によって個人情報の問題があるので、
相手方と私たちと、双方が情報を教えても良いと言ったら、
やっと連絡先を教えるシステムだそうです。

相手方はOKだったので、うちがOKだったらもう連絡先を交換できます。
事故の加害者と連絡先の交換なんて、ぜーんぜん嬉しくないですけどね。。。


ま、とにかく、連絡してOKと言って署を出たとたんぐらいに、
さっそく相手の上司から連絡がありました。

この度は申し訳ありませんでした。
本人は逮捕されていますので、私が代わりに連絡をさしあげていいます。
明日あたり、病院にもうかがいたいのですが・・・。

至極丁寧なおっしゃり方で、少しホッとしました。
会社として、保険にも入っているし、さっそく対処してくれるそうです。

入院費、治療費はもちろんあちら持ちです。


その後、おなじみのまどみさんに、
良い弁護士を紹介してもらって相談してきました。

これでなんだか一安心です。


病院に行くと、夫は頭の出血が止まって変な網の帽子がとれていました。

でも、血胸が少し増えたので、体のわきに穴をあけて血を抜いていました。
懸念した通り、肺に血が溜まっていたのです。

あれでは息苦しいはずです。

でも、それも数日で取れるそうですし、
頭の血腫は小さくなっていました。
腎臓の出血もたいしたことがなかったようです。

まだまだ痛いでしょうが、今日は少し顔色が良かったです。

夕食は完食したそうで、1日半ぶりの食事は美味しかったようです。
管理された病院食で、ダイエットになったりして♪(笑)



そんなこんなで忙しい日々がしばらく続きそうです。
nice!(3)  コメント(2) 

アクシデント [家族]

仕事をしていたら、スマホに夫からの電話がかかってきて、
「は~い、どうしたの?」などと、能天気に応対したら。。。

「もしもし、私は〇〇(まほ夫の名前)さんの電話をお借りしてかけていますが、
まほさんは、〇〇さんの・・・?」
「つ、妻ですが?」

「あー奥さんですか、こちら〇〇消防署救急隊の者です」

その時点で血の気がサーっと引きました。
救急隊員の方が電話をくれるなんて、それも夫の携帯からなんて、
ろくなことではないです。

「あ、あの・・・」
「ご主人が交通事故に遭われまして」
「えーーーっ!?」

で、病院を聞いて駆け付けたワケですが、
結果的には、意識もはっきりしていて話せるし、
命に別状はないということでした。

ただ右の肋骨が10本も折れていて気胸と血胸があり、
頭もちょっと打っていて、腎臓もちょっと損傷していて、etc.
お医者さんのお話を聞きながら、ドキドキしていました。

幸いなことにどの症状も軽く、肋骨がそんなに折れたら痛いでしょうが、
元気になれると聞いて、心底ホッとしました。

でもやっぱり、全身MRIやCTスキャンで検査してくれて、
終わった夫の顔を救命救急センターで見るまでは安心できませんでした。


なんでも、自転車で大きな道の手押し信号が青になったから渡ったのに、
信号無視の2トントラックにはねられたそうです。

交差点の角にあるラーメン屋さんに居た人かどうか分かりませんが、
「数人の目撃者がいて、あちらが悪いことは確かだったので、運転手を逮捕しました」
と、やってきた警察官がおっしゃっていました。

でも、逮捕してもしなくても、こちらの心配は変わりません。
症状が分かってから、子どもたちに連絡したり、
夫のいろんな予定をキャンセルしたり、気が付いたらお昼も食べずに3時でした。


交通安全協会に所属して、いろいろな例を教えてもらい、
交通ルールを守っていても、こんなことになることもあるんだと、
分かっていても、ショックでした。


しばらくは、病院と職場と家を忙しく行き来する日々になりそうです(T_T)
皆さんも充分気を付けてください。
私も気を付けよう!


こんなことまでネタにするとお思いかも知れませんが、 日記代わりに、覚えていることを記しておきます。
nice!(4)  コメント(8) 

曽根風呂さ~ん

昨日、とうとう曽根風呂に行くことすらできなくて、
私の今日は、みんなの昨日だから、
今日upすればいいかと思っていましたが、今朝もダメで。。。

みんななんともないですか???
nice!(0)  コメント(0) 

偶然

ポスティングをしていて、いろいろ面白いこともありました。

半径10分程度の自分の町内でも、
行ったことが無い場所がけっこうあるのには驚きました。

道の奥に、小さな門があって可愛いお宅があったり、
路地を入ったら、ぐるっと回る道があって、表通りに繋がっていたり!

それに、いろいろな形のポストをたくさん見て、お勉強になりました。
このポストはこう開けるのか・・・なんてね。
あまりにもシャレたポストだと、入れ方が分からないのです(笑)

それに、門のところまで行ってどう探してもポストが無かったりね。。。

先日、会社から帰って食事の支度を終え、10時ごろに出発した時は、
道でタヌキさんに会いました。

とあるお宅の門のわきに畑があって、そこを通りかかると気配を感じたのです。
「・・・?」1mぐらいの至近距離にタヌキがいました。
シューシューというか、グシューみたいな音(鳴き声?)を出しています。
タヌキ.jpg
これは、ネットから拝借してきた画像です。

真正面でにらみ合い、写真を撮ってやろうとスマホを取り出したら逃げてしまいました。


でね、話はそれで終わらないのです。

今日、自治会仲間のSさんと、ちょうどそこを通りかかったので、
「ここで、この間タヌキとにらめっこしちゃったよ」
「あら、ホント?タヌキかぁ、時々噂に聞くけど、やっぱりいるのね」
などと話していたら、隣のおうちの方から男性が出てきて
「タヌキですか!?」とおっしゃるのです。
畑の持ち主でお隣のご主人でした。

「ええ、数日前、10時過ぎに通りかかったら、この甕(かめ)の水を飲んでいましたよ」
と、庭の隅の甕を指さすと・・・「タヌキだったのかぁ」

お話を伺うと、その甕の中に金魚を飼っていたのが、全部居なくなってしまった。
上にかぶせておいた網が外れ、中に沈めてあった蓮の鉢も倒れていた。
猫はここまでできないし、人間だとしたらけしからん。
威嚇の意味も込めて、近くに監視カメラを設置しようと話していた。
とのことでした。

私たちが声高に話していたのが聞こえたのでしょう、そのお宅の奥様まで出てきて、
「カメラなんか置いても、人間じゃなきゃダメだったわねぇ。
誰かが盗んでいたんじゃ、気分が悪いけど、タヌキじゃしょうがない」
とおっしゃいます。。。

とにかく、謎が解けて良かったと、感謝されました。

偶然タヌキに出会ったことを、偶然前を通りかかったときに話していたら、
偶然家の外にいらっしゃったご主人に聞こえ、金魚が消えた意味が分かったのです。



(ちなみに、タヌキが発した変な音は、金魚を狙っていたところに通りかかったから、獲物を横取りされる!と威嚇したのかも知れないとSさんに言われて、噛まれなくて良かったと思いました)
nice!(2)  コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。